ユニフォームもシェアする時代?

 | 

こんにちは。コラム担当者の奥田です。

 

 

 

今日は、白龍堂の新しいレンタルシステム

シェアユニフォームレンタル」について取り上げたいと思います。

「シェアユニフォームレンタルって何?」という方も多いのではと思います。

 

従来のユニフォームレンタルは、

個人別、店舗・工場別に専用のユニフォームをお貸しするというシステムでした。

シェアユニフォームレンタルは、

企業様の店舗・工場で制限することなくユニフォームをシェア(共有)して頂けます。

 

 

 

ところでユニフォームが他の従業員と共有だと、

嫌がる人も多いのではないか?とご心配されるかもしれませんね。

 

でも昨今は「シェアの時代」といっても過言ではありません。

シェアハウス、カーシェア、シェアオフィス…

 

それに中古販売やレンタルサービスもますます増えています。

中古品の販売の主流が、ネットオークションからフリマアプリへと変わり、

気軽に利用できるようになったことをきっかけに、

雑貨から洋服、肌に触れる化粧品まで「中古でもいい」と考える人も多くなっています。

 

 

 

それと並行して最近ではブランドバッグや衣服、電化製品、家具まで……

レンタルサービスも急速に成長しています。

短期間しか使わないものはもちろん、高額商品のお試しや、

保管や手入れをしなくてもいいからという理由も増えているようです。

 

レンタル布団もそうですね。

肌に触れるものなので抵抗感が強いのかと思えば、

保管のスペースもいらず、布団を干したりカバーを洗う必要もないため、

利用している人も増えているようですよ。

 

 

 

このように、新品へのこだわりは低下しつつあり、

人とものを「共有すること」に対する抵抗感も随分下がってきています。

 

個人で使うものでもそうなのですから、

勤務中のユニフォームであれば、

「抵抗がない」と考える人も想像以上に多いかもしれませんよ。

 

更に、弊社ではお客様にご安心して着用頂けるよう、

汚れはもちろん、目に見えない菌やウイルスも除去できる

クリーニングプログラムを採用しています。

(「高品質の理由」ページでは、具体的な取組みをご紹介しています。

 

 

シェアユニフォームレンタルは、

管理者の方にも、そして従業員の方にもメリットのあるシステムです。

ぜひご検討してみて下さいね。

 

 

次回はそんなメリットの一部をご紹介する予定です。

 

 

 

シェアユニフォームレンタルの詳細については、

システムのご紹介のページもご覧ください。