社会的責任

環境方針

■環境基本理念

株式会社白龍堂はユニフォームのレンタル事業活動を中心に、環境との調和を経営の重要な問題として掲げ、

美しい地球環境の保全とその継続的向上に寄与すべく、全社で目標を掲げ改善へ努めます。 

 

■活動方針

1.環境に関する法的規制を正しく理解し遵守します。

2.環境に関する目標・目的を設定し、その活動を徹底します。

3.環境に対する負荷を低減する為に、汚染等の予防に努めます。

1)廃棄物削減の為に、レンタルユニフォームシステムの拡販に努めます。

2)ユニフォームのリサイクル・リユースを推進します。

3)環境を考慮した洗濯技術・プログラムの開発に努めます。

4)省資源の為に、電力や燃料使用量の削減を推進します。

5)グリーン購入活動に賛同し、活動や寄付等を推進します。

4.この方針は、全社へ通知し社員の理解を深めると共に一般に公表して行きます。

 

■開示・責任

1.この方針は文書化し、印刷物、およびインターネット(ホームページ)を利用し社内外に開示します。

2.活動を推進する「環境改善プロジェクト」を設置して、責任者を定めて目標達成を目指します。

環境対策活動

株式会社白龍堂は、グリーン購入ネットワークの活動に共感し、寄付活動などで支援しています。

現在の大量生産・大量消費・大量廃棄型の経済社会システムとそこから産み出される製品やサービス(以下、製品)は、 私たちに物質的に豊かで便利な生活をもたらしましたが、同時に、地球温暖化、オゾン層の破壊、砂漠化、生態系の破壊、 資源の枯渇、大気・水・土壌の汚染、増大する廃棄物など深刻な環境問題をもたらしました。

私たちは、使い捨て型の社会や製品のあり方を根本から見直し、持続可能な循環型社会を構築していかなければなりません。 そこで、私たち購入者は必要性を十分に考えた購入を心掛け、環境に与える負荷ができるだけ小さい製品の優先的購入(グリーン購入)を進める必要があります。

この活動に弊社も共感し、参加活動を実施します。

 

グリーン購入についてはこちら ≫

社会貢献活動

認定特定非営利活動法人アムダ:AMDA

株式会社白龍堂は、AMDA(認定特定非営利活動法人)に共感し、支援会員として援助参加しています。

■AMDA(特定非営利活動法人アムダ)概要

相互扶助の精神に基づき、災害や紛争発生時、医療・保健衛生分野を中心に緊急人道支援活動を展開。世界30ヵ国にある支部のネットワークを活かし、多国籍医師団を結成して実施しています。

 

1984年に設立、本部は岡山市。

2001年8月30日、岡山県より「特定非営利活動法人」格を取得しました。

1995年に、国連経済社会理事会(UNECOSOC)より「特殊協議資格」を、2006年に「総合協議資格」を取得、2013年に認定NPO法人の認証を得ました。

AMDAの国際人道支援活動は相互扶助の精神、つまり「困ったときはお互いさま」の心に基づいており、「人道援助の三原則」(ボランティア三原則にも置換えられる)を活動成功の鍵としています。 

 

1. 誰でも他人の役に立ちたい気持ちがある

2. この気持ちの前には、国境、民族、宗教、文化等の壁はない

3. 援助を受ける側にもプライドがある

AMDAとはThe Association of Medical Doctors of Asia(設立時の名称:アジア医師連絡協議会)の頭文字をとったものです。

 

■AMDAの主活動

世界平和と相互扶助の考え

「平和とは家族の今日の生活と明日の希望が実現できる状況」です。 この平和を阻害する要因として戦争、災害そして貧困などがあります。「困ったときはお互い様。 今はあなたが困っているので私がお手伝い

します。将来私が困った時は助けてください。」これが相互扶助です。

 

合同医療ミッション

「AMDA合同医療ミッション」構想である。平和への信頼醸成を目的として、AMDAが国内外の大学や医療機関と合同で医療ミッションを派遣する。原則として「相互扶助」のコンセプトを導入している。難民や

災害被災者救援を目的とするAMDA多国籍医師団の活動と比較すれば、平時の計画的な医療活動である。

 

「市民参加型人道支援外交」の提唱

「市民が日常生活で共有している方法論で、見放されたくない状況にいる人たちを支援することにより、互信頼を醸成して世界平和に貢献する」ことである。市民にも直接的人道支援ができる。市民にも外交がで

きる。NGOにとっては新しい人道支援パラダイム創出である。

 

1)歴史的対立の緩和や解消

2)人道支援パラダイムの大転換

3)最良の「安全保障ソフトプログラム」

 

市民参加型人道支援外交―AMDA多国籍医師団

AMDAは政策提言権のある国連登録NGOとして世界30ヶ国に支部がある。

日本に本部がある珍しい多国籍NGOである。

代表的な活動は紛争や災害時に活動をする「AMDA多国籍医師団」である。

そのスローガンは「救える命があればどこへでも」である。

AMDAは紛争地や災害地には緊急人道支援活動を実施した国にはAMDAの支部を設立する。

災害時には被災国の支部のイニシアチブのもとに周辺のAMDA支部が医療チームを派遣する。

被災国の数が拡大すればするほどAMDAの支部数も拡大している。

その活動原則は「開かれた相互扶助」である。総称が「AMDA多国籍医師団」である。

 

AMDAホームページはこちら ≫