白龍堂の入室管理(ユニフォーム編)

 | 

こんにちは。コラム担当者の奥田です。

 

今回は白龍堂の入室管理についてです。

弊社は「衛生的な高品質ユニフォーム」をお客様にお届けできるよう日々努力しています。

今日は白龍堂の「高品質」を保つために重要な「入室管理」、

その中でも従業員が着用するユニフォームに焦点をあてていきたいと思います。

 

一般にクリーニング工場というと、どんな景色を思い浮かべられますか?

私服にエプロンや、ラフな作業着で働いているイメージでしょうか?

衛生管理に厳しそうなイメージはない、でしょうか?

 

私も入社前に初めて白龍堂のクリーニング工場を見学したとき、

こんなに衛生管理に気を使い、徹底しているんだ!と驚きました。

 

白龍堂のクリーニング工場では、

食品工場様にご提案する食品工場白衣と帽子、それにマスク・手袋を着用しています。

着用マニュアルには、

「髪の毛は帽子の中にすべて収めること」から

「腕まくりはしないこと」や「ファスナーを上まで閉めること」まで決められています。

 

これは一部の人や工場ということではなく、

全国8工場、パートさんも含む全従業員で徹底しています。

 

どんなに綺麗に洗濯しても、

検品やたたみ、出荷に関わる従業員から汚染させては意味がありません。

衛生的なユニフォームをお客様が着用し、

衛生的な環境で業務ができるようお手伝いをするために、

日々努力を絶やしません。

 

従業員がどんな服装でクリーニングをしているか?

ユニフォームの衛生面を重視したいなら、

チェックしたいポイントかもしれませんね。