白龍堂の入室管理(手洗い編)

 | 

こんにちは、コラム担当者の奥田です。

 

前回は白龍堂では、食品工場で使われるユニフォームを着用してクリーニングを行っていることをお話しました。

 

マニュアルに沿ってユニフォームを着用!……は、まだまだ第一段階。

次は入室前の手洗いです。

 

入室する前には必ず、手洗いをしなければなりません。

ここにもきちんとマニュアルがあって、手順にそって丁寧に手洗いをします。

 

指の間や親指の付け根は、洗い残しの多い要注意ポイント!

それから利き手も、利き手でないほうで洗うから

うまく菌や汚れが落ちていないことが多いようです。

きれいなつもりでも、手すりやつり革などから菌やウイルスは付着するので

意識して丁寧に洗う必要がありますね。

 

丁寧に手を洗ったあとは、水気をしっかりペーパータオルで拭き取り、

アルコール消毒を爪先まで、手全体にすりこんで終了です。

 

入室するたびに手洗い・消毒は必ず行うこともルールのひとつです。

 

白龍堂のクリーニング工場では、

洗う前のユニフォームと洗浄後のユニフォームが同じ部屋で交差汚染することないよう、

別室になっています。

そのため従業員も、洗う前のユニフォームを扱っていた人がそのまま、

乾燥後のユニフォームを触ることはできません。

一度部屋を出て、手洗い・消毒を再度行った状態で、

クリーンルームと呼ばれる洗浄済みのユニフォームのある部屋に入ることができます。

 

衛生空間を守るための仕組みもきちんと作られているから、

従業員もみんな意識を高く持つことができるんですね。